みずかみとちかいりょうく 水上土地改良区

01
02
previous arrow
next arrow
お知らせ一覧

水上土地改良区とは

 土地改良区は、土地改良法(昭和24年6月6日法律第195号)に基づく土地改良事業を施行することを目的として同法に基づいて設立された法人です。ほ場整備(田んぼ)をしたり農業用の水路やため池などの様々な土地改良施設の維持や管理をしています。

 土地改良区は、全国の40万kmに及ぶ水路などのネットワークによって農村の健全な環を形成し、農地を潤すことにより安全で安心な「食」と「農」の基盤づくりを担うとともに、これが国民共有の財産である美しい農村の基礎にもなっているとの役割を地域及び国民にアピールしています。

 水上土地改良区では、県や国などの事業を利用し、組合員の負担を最小限にすべく活動しています。また、水利施設の管理として、水路のゴミ上げや草刈り作業、安全対策として啓発活動や安全防止柵、救命フロートの設置なども行っています。

PAGE TOP